卓球王国2月号 12月21日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●女子シングルス1回戦
何卓佳(中国) 5、5、8、4 徐孝元(韓国)
劉詩雯(中国) −8、6、6、6、9 孫穎莎(中国)

●男子シングルス1回戦
カルデラノ(ブラジル) 5、−4、8、−8、−9、4、7 大島祐哉
樊振東(中国) 6、8、5、10 丹羽孝希
梁靖崑(中国) 6、4、7、11 ボル(ドイツ)
水谷隼 9、5、4 キケン 劉丁碩(中国)

女子シングルス1回戦は何卓佳が変化で徐孝元のカットを攻略、劉詩雯が同タイプの孫穎莎をスピードで振り切った。

続いて始まった男子シングルスの1回戦。
激戦となったのはカルデラノと大島の一戦だ。体を目一杯使った強打の打ち合いは会場を大いに沸かせた。
大島はチャンスがあっただけに悔しい試合になっただろう。
「相手はチキータが上手い選手だけど、6・7ゲーム目はストップに変えてきた。それに対応できなくて・・・。最近バックハンドの強化をしていて、成果は見えたけど、フォアももっと鍛えないといけない。威力だけじゃなくて、コースやタイミングの変化をつけていかないといけない」(大島)
とはいえ、最近のTリーグでの好調ぶりは着実に強くなっている証拠だろう。

丹羽は今年4回目の対戦となる樊振東に敗退。丹羽の会心のカウンターを打ち返されるなど、樊振東の調子も良かった。また、「ボールが飛ばなくて、中陣からのカウンターが全部ネットミスになった」(丹羽)と台との距離感がつかめなかった。

ひとり勝ち上がった水谷は、オーストリアオープンで競り負けた劉丁碩にリベンジ達成。3ゲーム目途中で相手が足を故障し、途中棄権。
「前回0−3スタートだったので、何が何でも1ゲーム目を取ろうと、彼の映像を入念に見て、良いイメージでは入れた。足を負傷していたことがわかってからは、ロングサービスを多めに使って、動かしました」

水谷の次の相手は梁靖崑。ボルをストレートで破った相手にどう戦うか、楽しみだ。
  • 負けはしたが大島は確かな成長を見せる

  • 丹羽は樊振東の充実プレーに完敗

  • 今日の水谷は動きも戦術も完璧だ

  • 劉丁碩は手当したが、動きは戻らなかった