卓球王国2月号 12月21日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●女子シングルス準々決勝
朱雨玲(中国) 1、6、9、6 劉詩雯(中国)

●男子シングルス準々決勝
カルデラノ(ブラジル) 6、10、−4、5、−9、9 樊振東(中国)

カルデラノが樊振東を破る。このビッグサプライズに観客も大興奮だ。
序盤に台上のミスにナーバスになっている樊振東をカルデラノが打ち合いに誘う。中陣でのラリー戦ならカルデラノのバックハンドは樊振東を上回る。1本、2本と強打が決まっていくと、カルデラノはさらに乗っていく。逆に樊振東は弱気な表情だ。サービスを変えたり、レシーブを散らしたりするも、カルデラノの勢いを止めることはできなかった。

それにしても恐ろしきカルデラノの破壊力。
どこからでも打てるバックハンドと、鋭いフォアハンドを持ち、投げ上げサービスからの両ハンド速攻も超強力。
今夜、日本の張本智和と戦うことになる。
  • 世界ナンバーワンのバックハンド

  • 樊振東は大きなラリーで優位に立てず

  • 素晴らしい、ショーのような試合に拍手喝采

  • ジャン-ロネコーチと歓喜の抱擁